プリザーブドフラワーを利用したヘッドピース

プリザーブドフラワーは特殊な液体に漬けることで枯れないように加工したお花です。加工後に染色を行うので、実際にないような色合いの花も再現できるそうです。また、このお花は生花よりも長持ちするので、成人式や結婚式などでも活躍します。


プリザーブドフラワーでヘッドピースを

ウエディングでは花嫁さんがティアラなどを付けたり、ブーケを持ったりします。花を利用する場所でも、最も華やかな場所といえるのではないでしょうか?このような場合に、生花だと枯れないように式の当日に準備をする必要があります。しかし、プリザーブドフラワーであれば、枯れることなどを考えずに飾ることができるのです。また花粉などもないので、ヘッドピースに使うことができるのです。


お花の冠にあこがれませんでしたか?

ちいさいころに、お花のティアラを公園で作ったことがあるという人もいるかと思います。実際の花で作るとしおれるまであっという間ですが、プリザーブドフラワーでこのティアラやヘッドピースをつくることで、挙式だけでなく披露宴の最後まできれいに飾ることができるのです。もちろん、そのまま持ち帰って飾ることもできます。大切なときを演出した小物を持ち帰って飾れるなんて、とても素敵なお土産になりますよね。
プリザーブドフラワーで人気ある店|即日対応のフローラルスリール