プリザーブドフラワーは虫がつかないの?

プリザーブドフラワーは、特殊な液体に漬けることでお花を枯れないように加工しています。見た目や触った感じは生花とほとんど変わりはありません。染色なども人工的に行っていることから、色が鮮やかで、お花にも虫がつかないと言われています。


プリザーブドフラワーに使う材料は自然のもの

プリザーブドフラワーのアレンジメントに利用されるものは、すべて素材が天然素材のものです。はなびらも実際に生のお花を加工していますし、ついている飾りなども天然のものに色を付けるなどの加工を行っているものがほとんどです。そのため、お花には虫がつかないものでも、他の材料に虫が湧いてしまうことが考えられます。


虫を見つけたら木材を抜いてみよう

プリザーブドフラワーの花弁に虫がつかない、というだけで利用されている飾りなどが天然の素材であれば、そっちに虫がついてしまうことが充分に考えられます。このような場合には、虫がついてしまった飾りを抜いてしまうことをオススメします。抜くことでお花そのものが枯れる、何が害のあるということはありませんが、傷つけないようにしましょう。抜いてさみしくなった場所には、自分で飾りを買ってきてアレンジを加えるといいでしょう。
プリザーブドフラワーで人気ある店|即日対応のフローラルスリール